エッチな情報が欲しいなら エログローバル

このサイトでは様々なサイトから集めたアダルトサイト情報やエッチなコラムを不定期更新しています。

トイレ掃除してる熟女に無理やりセンズリ鑑賞プレイ

俺は仕事でストレスが溜まると決まってパチンコ屋に行くようにしている。大した趣味もないので、ムシャクシャした気分を晴らすにはパチンコが一番なのだ。お気に入りのホールには灰皿やトイレを掃除するパートのような熟女がいる。熟女の年齢は40後半から50前半くらいで特に綺麗というタイプでもない。そこら辺にいそうな普通のババアだ。
街ですれ違ったとしても見向きもしないし記憶にも残らないだろう。俺もお気に入りのホールに行きだしてからは全く意識したことがなかった。その熟女はいつも19時になったらトイレ掃除を始めるのだが、男性トイレに堂々と入ってきて、お客が小便をしていてもお構いなしに掃除をしだすのだ。その日、俺がパチンコでボロ負けして大好きな風俗に行けなくなったこともあり、かなりイライラしながらトイレをしていた。この溜まった欲求をどうやって解消しようかと思い、ふと洗面台を見ると熟女が一生懸命に洗面台を掃除していた。俺は悪戯心で便器から一歩下がり、熟女にわざと見えるように小便した。小便が終わってもチンコをしまわず、ブラブラと振り回して熟女にアピール。そんな事をしているとムクムクとチンコが勃起し始めてしまい、ギンギンになったチンコを熟女にアピールした。すると熟女がこっちをチラッと見てきたのだ。俺は熟女が見ていることに気付かないふりをして、アホみたいにチンポを振り続ける。見られているということに興奮してしまい、普段では有り得ないほどの大きさになっていた。熟女は洗面台の鏡を拭きながらも、間違いなくこっちを見ている。俺はその状況にたまらなく興奮して、便器に向かって大量の精液をはき出した。あまりの勢いに床にまで飛び散るほどの精液を出して昇天した俺は、チャックを閉め手を洗ってトイレを出た。トイレを出る時に熟女の顔を見たが、恥ずかしそうに下を向き耳まで真っ赤にして俯いていた。その後もそのパチンコ屋に行ったときには、トイレ掃除をする時間を狙って熟女にセンズリ鑑賞させる変態プレイに嵌まってしまった俺だったのだ。